こんなお店には気をつけよう

・深夜1時以降に営業しているお店
→ 最近では多くなってきていますが、本来は0時もしくは1時までが風営法で認められている営業時間になります。
ですので、深夜遅くまで営業を行なっていると営業停止処分などを受ける可能性もあり、女の子も急にお仕事がなくなったりしてしまいます。

 

・お店側の要望で20時〜21時からの出勤が多いケース
→ こういった時間帯からの出勤だと、平日などで暇なときはすぐに早上がりをさせられる場合もあり、全然稼ぐことが出来ません。

 

・確かに時給も大切ですが、最終的に手取りでいくら貰えるのか、という事を考えましょう。